堀 裕一 プロフィール

主な取扱い業務・関心のある分野

会社顧問、債権回収、商事事件、倒産処理、知的財産権、不動産、相続、離婚、交通事故、労働(労使双方)、行政、刑事


これまでの実績・活動

  • 昭和58年弁護士登録後、大型倒産処理と訴訟を主力とする中堅規模の法律事務所に勤務。その後同事務所のパートナーとなる。
  • 平成4年、共同事務所を設立し、独立。以後、業容と人員の拡大を続ける。
  • 平成21年3月、堀 法律事務所 開設。


所属団体・委員会等

第二東京弁護士会

〔弁護士会関係〕

  • 情報公開制度推進委員会・委員長
  • 情報公開・民事訴訟法改正対策本部・事務局長代表
  • 常議員会・副議長
  • 紛議調停委員会・委員長
  • 綱紀委員会・班長

〔学会・関連団体〕

  • 国際比較環境法センター会員
  • 廃棄物資源循環学会会員
  • 東京中小企業家同友会会員
  • 東京商工会議所会員
  • 社団法人自由人権協会会員


著書

  • 『情報公開条例ハンドブック(制定・改正・運用 - 改正東京都条例を中心に)』
     (共著、第二東京弁護士会編.花伝社.2000年)
  • 『市民のための情報公開-使いこなそう情報公開制度』
     (共著、関東弁護士連合会編.明石書店.1997年)等
  • 『営業秘密を守る!「守秘義務契約」のポイント』
     (監修、ビジネス法務2004年12月号.中央経済社)


ひとこと

日常の業務処理に追われる毎日ですが、なるべく以下を忘れないように心掛けています。

  • 信頼してくださっている依頼者のために迅速かつ誠実な対応を行う
  • 一歩立ち止まり、誰のために、何のためにこの仕事をしているのかを振り返る精神的な余裕を持つ
  • 弁護士としてゼロからのスタートであったこと

依頼者の方と共に笑い、悲しみ、怒り、そして喜びを分かち合って成長してゆけることが私が弁護士になった由縁ですし、そしてそれが弁護士としての何よりの醍醐味です。
一緒に頑張りましょう。


弁護士を目指すきっかけ

雪深い田舎(新潟県)生まれで身近に法律家はおらず、具体的なイメージはありませんでしたが、人の役に立つ、それも人に近いところでという選択肢から大学進学時に弁護士を目指しました。

司法試験合格後、2年間の司法修習生時代に、志を持ち法律家を目指しながらも果たせない人が多数おられることを改めて実感し、その方々のためにも資格を無駄にしてはならないと思うに至り、同時に決してビジネスだけの弁護士にはならないと心に誓いました。

弁護士を目指した当時、日本においてこれ程社会の法化が進むとは思ってもおらず、大変幸せな時代に弁護士という仕事をさせて戴いていると感謝しております。


弁護士紹介へ戻る

堀 裕一 弁護士

堀 裕一


  •  ※迷惑メールお断り
  • 早稲田大学 法学部
             昭和55年卒
  • 弁護士登録: 昭和58年4月
             35期
  • 趣味
    ゴルフ、スポーツ観戦、音楽鑑賞
  • 好きな言葉
    「自分が自分にならないで
       だれが自分になる」
             (相田みつを)

堀 法律事務所 所在地

交通案内

簡易MAP
東京メトロ 銀座線
 虎ノ門駅
 8番9番出口より徒歩0分
 ※1Fはセブンイレブン

MAPページへ
  • 医療ミス・医療事故の法律相談については こちら